ハワイ有数の観光名所-真珠湾・パールハーバー見学

パールハーバー(真珠湾)の観光について

オアフ島ホノルルの東、イノウエ(ホノルル)国際空港から車で約10分、ワイキキからは車で約30分のパールハーバー・ヒストリカル・サイトには、1941年12月7日(ハワイ現地時間)の真珠湾攻撃にまつわる戦艦や航空機、潜水艦などをはじめ、多くの歴史的資料が展示されています。

 

パールハーバーには、連日世界中からの観光客が訪問し、ハワイで、最も多くの来場者がある観光地と言われます。

しかし、日本人にとっては、歴史的背景もあり、何となく近寄りがたい、少し怖い様なイメージがあるのではないでしょうか?また、いくつもの施設が複合的にパールハーバー・ヒストリカル・サイトを構成しているため、どう見学したらよいのか、行ってみるまで分かりにくいという声も聞かれます。

今回は、この真珠湾の概要と各施設の見学の仕方をご紹介して参ります。次回のハワイ旅行のご参考になれば幸いです。

 

パールハーバー入場について

エントランスを入場されますと、正面には、各施設のチケット売場(窓口が2つ)、左手にセルフツアー用のヘッドフォン付きのポータブルガイダンス機の貸し出しブース、そしてギフトショップ、ジューススタンド、お手洗いがあります。

お手荷物がある場合は、エントランス入場前に荷物預り所に預けます。

 

手荷物について

手荷物預かり所は、エントランスを入場される前に右側に行く道がありますので、そちらをお進みください。

パールハーバーの施設内は、セキュリティ上、財布、カメラ、携帯電話程度しか持ち込めませんので、カバンなどは最初に手荷物預かり場で預けます。1個/$5.00(2018年現在)掛かり、現金で支払う必要がございますので、お荷物がある場合は、準備しておいて下さい。

チケットについて

まずは正面のチケット売場へ向かいます。

戦艦アリゾナの見学は、当日券(ミニフィルムの鑑賞、ボート乗船、アリゾナメモリアル見学のチケット)が一日1300枚発行されています。それでも当日券は、毎日朝の早めの時間にその日の発行分が発行し終わってしまいます。チケットの予約については後述しますが、予約済みの場合も、ここで予約票を見せてボートのチケットと引き換えます。

戦艦ミズーリ記念館、ボーフィン潜水艦、太平洋航空博物館のチケットも全てここで購入します。

チケット売場が2つに分かれていますので、欲しいチケットのある方の売り場に並びます。戦艦アリゾナは左のチケット売場、戦艦ミズーリ、潜水艦ボーフィン、航空博物館は右のチケット売場になります。

太平洋歴史公園の見学だけの場合でも、ここでパンフレットなどがもらえます。

案内用のヘッドセットについて

セルフツアー用のヘッドセットは、チケット売場から見て左手にある貸し出しブースで、1台$7.50で借りられます。案内は日本語のナレーションも用意されています。

時々、故障していて音が聞こえなかったりする場合がありますので、歩き出される前に、借りた機材の動作を確認されることをお勧めします。

パールハーバー敷地内の概要

太平洋歴史公園(ビジターセンター)

ここが各施設への玄関口となります。また、当日あまりお時間が取れない方も、自由にご覧いただける資料館、関連グッズをお求めになれるギフトショップ、そして屋外の展示物もたくさんございますので、見学されたい展示を見ながら海側まで歩かれますと、パールハーバーの概要と、雰囲気を知ることが出来るかと思います。戦艦アリゾナ、戦艦ミズーリ、その他の博物館等の見学も全てここからスタートします。

 

USSアリゾナ記念館日本語版パンフレット
PACIFIC HISTORIC PARKS www.PacificHistoricParks.org

 上のイラストマップは、チケット売場で頂けるものですが、敷地内の位置関係が大変分かり易く表されていますので、参考になるかと思います

 エントランスに向かって、右側に進まれますと、前方に大きな2機の弾道ミサイル「ポラリス」があります。

ミサイルを更に右手に進みますと、戦艦ミズーリ記念館、太平洋航空博物館への無料シャトルバス乗り場になります。

ミサイルのところから左手に進みますと、魚雷「回天」など、屋外に展示物が続いています。


 

海側正面には戦艦アリゾナのイカリ、そして戦没者慰霊碑のサークルがあり、海上には戦艦アリゾナを望むことができます。

資料館・戦争への道/アタック

エントランスを左側に進んで頂きますと、「戦争への道」と「攻撃時資料」の博物館(資料館)がございます。

こちらでは当時の日本、アメリカの様子や、国が戦争へと向かっていった状況、多くの写真や戦艦のモデルなどが展示されており、これらは全て無料で公開されています。

戦艦アリゾナ/ USSアリゾナ記念館

パールハーバーでの一番の見学ポイントは、当時のままの状態で海に沈んでいる戦艦アリゾナ号になります。

戦艦アリゾナへは、アメリカ海軍が管理・運行する船で海上に向かうのですが、確実に見学するには事前の予約をお勧めします。当日券もございますが、早朝から並ぶ必要があり、何時のボートに乗れるのかは、チケットを受け取るまで分かりません。また当日のパールハーバーへの到着が遅かったり、混雑具合によってはチケットを取れない事も考えられます。事前予約がない場合は、なるべく朝の早いうちに現地に到着し、船の乗船券を入手することになります。

 

戦艦アリゾナ記念館行きボート乗船券の予約方法

事前予約は、こちらのウエブサイトから行います。予約サイトが一時使えなかったのですが、復活しました!

https://www.recreation.gov/tourDetails.do?contractCode=NRSO&tourId=317399

 


乗船券の予約方法をご説明します。

  1. 上のURLから、予約サイトを開きます。
  2. 画面の中ごろに、左の図の様に希望日と希望枚数を入力する欄が表示されます。
  3. 希望日の入力欄をクリックするとカレンダーが表示されますので、希望日を入力します。2か月先まで入力できます。
  4. ”Find Tour Times”というボタンをクリックします。
  5. 次の画面で、希望当日のチケットの空き状況が表示されます。各時刻の下の数字は予約可能なチケットの枚数です。
  6. 左の画面を参考に、希望時刻を選んで、枚数を入力し、「私はロボットではありません」にチェックを入れ、"Book Tour"ボタンをクリックします。

 

*チケットは無料ですが、オンライン予約の場合は、手数料が$1.50掛かります。

*希望日時の予約には、予約可能となる2か月前になったら、すぐに予約を入れるのが一番です。


戦艦アリゾナの見学前には、指定のミニドキュメンタリーフィルムを見ることが義務付けられています。現地では、係員の指示に従いフィルム鑑賞後、ボートに乗船となります。見学の所要時間は、フィルム鑑賞~ボードライド~戦艦アリゾナ見学~帰港までで約1時間15分となっています。

乗船前の説明やボートの運航などに当たられている海軍の方達も、当然このような場所ですので、皆さん真剣な表情です。見学させて頂く私たちも、鎮魂の気持ちを持ち、訪問して参りましょう。

戦艦ミズーリメモリアル

こちらででは、1945年9月2日に東京湾内で、第二次世界大戦終戦の降伏文書調印式が行われた戦艦を見学して頂けます。

見学のチケット料金には、船上での生の日本語ガイドの案内が含まれています。ご自分のペースで見学されたい場合は、音声ガイダンス機を借りての見学を選ぶことも可能です。

チケットは、戦艦内の一般公開エリアのみの見学の場合、大人$29、子供$13。

また追加料金大人$25、子供$12を支払うと、ツアーの参加者以外には公開されていない戦艦ミズーリ内の特別なエリアを周る「探検家ツアー」にご参加頂けます。但しこの探検家ツアーは、48時間前までに予約が必要で、10歳未満の子供さんはご参加いただけません。

戦艦ミズーリメモリアルへは、ビジターセンターから出ている無料のシャトルバスに乗って、フォート島へ渡り訪問します。戦艦は非常に大きく、内部の見学箇所も多いので、じっくり見学されたい方には、1時間半みておいても、時間が足りなくなるかもしれません。

太平洋航空博物館

こちらの博物館も、ビジターセンターから出ている戦艦ミズーリメモリアルへ行くのと同じ無料シャトルバスで訪問します。真珠湾攻撃時に実際に使われていた2つの航空機格納庫(ハンガーと呼ばれます)を改修して、多くの戦闘機(零式艦上戦闘機・ゼロ戦)、トップガンの戦闘機トムキャット、米軍の爆撃機B-25、民間機、ヘリコプターなどが展示されています。(但し、展示内容はその時々で変更があります)ギフトショップ、レストランも併設しています。また興味があれば、飛行シュミレ―タのアトラクションもございます。

入館料は音声ガイド付きが、大人$25、子供$12で、日本人ガイド付きが、大人$35、子供$22です。

 

まとめ

敵と味方に分かれて戦い、多くの方の命が奪われた戦争の歴史を経て、現在の日本とハワイの関係があります。今もその当時の戦艦、航空機などをご自身の目で見て、感じて頂ける場所がパールハーバーヒストリカルサイトです。感じ方は人それぞれですが、やはり平和の尊さを願わずにはいられません。そして、お天気なら、海と空の青さが底抜けに美しい場所でもあります。

当社では、見学されたいお客様に、往復の送迎、または1日観光ツアーの中にパールハーバー見学を組み込む形等でご案内させて頂いております。是非お問合せ下さい。

 

送迎/ツアーのお申込み・お問合せは (メールも電話も日本語でどうぞ) 

Eメール yoyaku@hawaii-okuruma.com  
電話番号 808-888-9090 
国際電話 001-1-808-888-9090


おすすめ 関連記事